縁を結ぶ仕事

なおなお日記より

男女の「縁結び」を仕事にして10年。

一番下の子供が幼稚園に入った時に、結婚相談所を始めたよ。

それから大手の結婚情報サービス会社で4年間。
80組位のカップルをお世話したかも!

今は先生をアドバイザーに迎えて
この仕事をしているけど、
今が一番自分が納得できる「縁結び」ができてるからうれしい

先生に視てもらうと、会員さんとご縁のある人がわかるし、
会員さんの異性へ対する弱いところを、
カルマ変換で改善できる。
結婚を邪魔するカルマ(※1)も解消できるから、
すごくスムーズかつ確信もって活動ができる。

他の結婚相談所とはまったく違ったやり方ね!

先生には、二人に「赤い糸」(※2)があるかどうか、
あるとしたら、「縁のろうそく」(※3)が何年くらいあるかってことを視てもらうの。

なおなおの経験上「縁のろうそく」が長めにないと、
恋愛も結婚も長くは続かないみたい。
先生に聞くとほぼその期間で終了になってる。
縁のろうそく」が燃え尽きてしまうのね

恋愛は良い経験だったってことになるけど、
結婚はやっぱり親との関係も含めて長く続けていくものだから、
うちでは、両方の親御さんとの縁や相性もみるわね

赤い糸」があるかってけっこう重要なポイントよ。

でもなおなおが「縁結び」をするのは、
会員さんが良いご縁に恵まれた時の
キラキラ輝く希望に満ちた顔が見たいってことに尽きるなあ

一人より二人で生きてく楽しさを味わってほしいと思ってるの

             wakaba

(※1)結婚を邪魔するカルマ
結婚の話しがうまくいきそうになっても、最後になるとNGになってしまう方がいる。
過去世リーディングで視ると、その方が過去世で婚礼中や婚礼の準備中に襲撃をして婚礼をぶち壊したカルマがある場合が多い。

(※2)赤い糸
この世に生まれる前に天上界で結婚候補者として約束してきている人とは、赤い糸がついている。人によってその人数は違い約束の順位もある。多い人では10人位と約束をしてきている。

(※3)縁のろうそく
人と人の間には「縁のろうそく」がある。結婚の場合は30、40年の「縁のろうそく」がある場合が多い。1、2年の場合はその時期に離婚になる場合が多いが、けんかをすると「縁のろうそく」が延びるという法則がある。

関連記事

ページ上部へ戻る