今日の心のプレートvol.6

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

 

 

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

 

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

 

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

 

 

==================================

【裏プレート】

人間は幸せを目標に生まれてきた。

 

 

【表プレート】

人はそれぞれの目的に向かって力いっぱい努力し、

山あり谷あり、苦労を超えて、

自らを高めながら人生を送ることを、最も良しとしなければいけない。

 

 

幸・不幸というものが人間の目標のはずはないのである。

 

幸・不幸を目標にしても、幸・不幸は裏表であり、

常に自問自答しながら人生を送らなければならない。

 

 

一般的に、幸せになりたいというのはよく言うけれども、

これは不幸と表裏一体であることに気がつかなければならない。

 

 

むしろこれは人間の目標としては不完全である。

 

 

幸せを目標にするということは、同時に不幸を目標にするということでもある。

これほどあやふやなものはない。

 

 

何より大事なのは、日々自分のなすべきことをなし、

なすべきことを探索し、それを間違いなく乗り越えていくことである。

 

 

 

その中に充実感もあり、幸福感もあり、限りない向上意欲ある。

そのことを人間は忘れてはならない。

 

 

 

あやふやなものを目標にすると人生観があやふやになり、

あやふやな人生を送ることになる。

 

 

 

苦労の伴わない人生もなく、苦痛を伴わない進歩もない。

 

 

したがって、それを乗り越えるまでに人の幸福感が生まれるのであり、

幸福感そのものにすれば不幸も共に招き入れるということであり、

目標としては不完全である。

 

 

 

このことを考えて人間の目標、目的、時間の過ごし方、

努力の仕方、目標の立て方、友情のあり方、知識のあり方、

あらゆることをそれぞれにちなんだ最適な目標として掲げるのが良いのである。

 

 

ひっくり返さないと不幸がつきまとう。

幸せを目標に掲げると同時に、それは不幸を目標に掲げるのであり、

常に不幸感をひきづっているということを忘れてはならない。

 

 

 

乗り越える力が大きくなることを望んでいるのであって、

幸福感や不幸感を身につけようとはいっていない。

幸せ病が蔓延している。

 

=====================================

 

今日の心のプレートはいかがでしたか?

 

裏プレートは一行だけ。。。

 

 

『人間は幸せを目標に生まれてきた。』

 

 

え?これって本当に裏プレートなの?!

そう思う方が多いのではないかと思います。

 

 

人は幸せを目標に生まれてくるものではないの?

 

 

でも表プレートを読んでみると、

あ、なるほど。。と思いました。

 

 

つまり幸せでなければならない、

それを目標にしていたとしたら、

 

 

幸せじゃないと感じている人の人生は虚しいですよね?

 

 

苦労や苦痛は避けて通りたい、と誰もが思うかも知れません。

 

では例えば運動選手のトレーニングはどうでしょう?

 

 

トレーニングは苦しいし辛い、

体も疲れるし筋肉痛になるかも知れません。

 

 

でもそれをやることで初めて、

良い記録が生まれ、勝利の感動を味わうことができ、

 

自分に力と自信がついてくるのですよね?

 

 

もし幸福だけを基準にしていたら、

記録などどうでもいいや、ただやってる幸せ感があればいいやと、

そこに落ち着いてしまいます。

 

 

もちろんそれも大切なことだと思いますが、

もしすべての人がそこを目標にしていたら、

 

 

スポーツや競技も感動などは、

薄っぺらいものになっているでしょう。

 

 

私もまだまだできていないのですが、

 

 

すべての事柄に目標を立てて、

そこに向かっていくことができたら、

 

 

どれだけの充実感と達成感を味わえるかと思います!

 

 

うまくいけば幸せ、

いまくいかなければ不幸。

 

 

これでは短絡的ではないでしょうか?

 

 

うまくいかない時も、そこにはチャンスがあって、

さらにうまくいくようにアイデアを出したり、

自分が動じなくなれたり、細かく見る習慣が身についたりします。

 

 

 

幸せは感じたい!

幸せを感じられる自分になれるって素敵です。

 

 

でも大変なことを乗り越えていった先に、

達成感や充実感が伴った、

幸せ感を超えた深い喜びがあります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る