今日の心のプレートvol.31

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

==============================================

【裏プレート】

何かしようと思うと、すぐ眠くなる。

ありとあらゆることが面倒臭い。

 

【表プレート】

あらゆることを軽快に行えることの快感が

何にも増してある。

 

体や心をよりスムーズに動かすには、

軽快に動くことであり、すぐ実行にうつすことである。

 

一旦やらなきゃいけないことに手をつけた途端に、

体や脳が活性化し、目が開き、

実に軽快に集中・没頭できるようになる。

 

この意識を作る。

 

すぐ「やるか」と思うようになる。綿密に緻密に。

=================================

今日の心のプレートはいかがでしたか?

 

 

裏プレートは短いものでしたね。

でも、もしかしたら、

 

「毎日こう思っている…」と思われた方、いるかも知れませんね。

 

 

 

私自身こう感じていた時がありました。

 

 

読みたい本を買ってきて、

さあ、読もうと思うと眠くなってしまう…。

 

 

いつの間にか寝てしまっていて、

全然進まない…。

 

 

休みの日はだらだらしていて、

パジャマも面倒臭くて着替えない、

何もかもが面倒臭い…。

 

 

それで1日が終わってしまい、、

「あ〜、今日は何もできなかった…。」と

自己嫌悪になっていた時がありました。

 

 

 

自己嫌悪になるくらいならやればいいのに、

と思うのですが、できないんですよね。

 

 

 

この裏プレートは、短いけれど、

まさにたくさんの人が持っていると思います。

 

 

 

でも冒頭にお伝えしているように、

裏プレートはひっくり返して使うものなので、

 

 

 

ひっくり返すと表のプレートが必ず出てきます。

 

 

 

表プレートに書いてある、

「体や心をよりスムーズに動かすには、

軽快に動くことであり、すぐ実行にうつすことである。」

 

 

「面倒くさい」=「すぐやれ」という合図!

 

 

これを入澤先生に教えていただき、

面倒臭いから後回しにしたい…、

と思うことを、なるべくすぐにやっていこうと決めたのです。

 

 

 

なるべくというのは、

「絶対やらなきゃいけない!」とギチギチに思うと、

苦しくなってくるからなんです(苦笑)

 

 

 

もちろん最初はすぐにできませんでした。

 

 

裏プレートに引っ張られていましたし、

「もうこの辺でやめときなよ」と囁く声がいるんです(笑)

 

 

でも少しずつ、昨日よりもう少しやろうとやっているうちに、

1つずつでもできてくると、

それが気持ちよくなってきました!

 

 

 

「なんだ、ちょっとずつでもやればできるんだ」

という自信がついたのかも知れないですね。

 

 

 

そして今度は、

 

「この時間内で、あれやって、これやって、

この順番でやっていけば効率良く全部できるかも…」と思い、

 

 

やってみたら思ったよりたくさんできた、やったね!

という達成感と満足感を得ました!

 

 

 

それから軽快に動けるって楽しいことなんだなと、

実感したような気がします。

 

 

それと同時に、

街に出て体が不自由な方をみると、

「こんなに大変なのにすごく頑張っているね..」

と心の中で応援する気持ちが強くなってきて、

 

 

私は体が不自由ではないのに、

「面倒臭いなんか言ってられないよ」と思うようになりました。

 

 

そうすると、面白いことに、

自分のまわりで関わる人が変わってきましたね。

 

 

 

類は友を呼ぶといいますが、

まわりに集まる人も、

 

 

仕事も遊びもアグレッシブで、

暇はなく忙しいけれど、

軽快に動いてやることはやるというタイプの人が多くなり、

 

 

 

面倒臭いって言う人が自分のまわりに「いない」

ということになってきました。

 

 

 

今日の表プレートに書いてありましたが、

「意識を作る」ということは、できることです。

 

 

 

「面倒臭い」=「すぐやれ」という合図という式を、

意識の中にポンと当てはめてみてくださいね。

 

 

「面倒臭い」をたくさん持っている人は、

 

 

最初から何でもできちゃうより、

「できた喜び」をたくさん感じることができます。

 

 

そして、1つずつ「できた」という小さい喜びを積み上げていけば、

 

 

ある日気が付いたら、

「面倒臭い」とは無縁になっていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

 

 

 

 

関連記事

最近のコメント

    ページ上部へ戻る