今日の心のプレートvol.29

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

==============================================

【裏プレート】

幸せになるため人間は生まれてきている。

幸せとは人間にとって巨大な芸術である。

 

 

幸せを望むから人間は頑張るし、

幸せになろうとするから次々と新しいアイデアが生まれ、

新しい発明もなされてきた。

 

 

幸せを望むからこそ人間が人間らしく生きていけるのである。

 

 

幸せになりたいと思えば多くの副産物が生まれるのである。

今のままではいけないというのもそうだ。

 

 

どんなに努力しても幸せを掴めないとしたら

「なにをしたらいいのだろう?」と人間はあれこれ考えだし、

知恵がつく。

 

 

知恵がつけば言動が変わってくる。

知恵を売るためには人にも会い、本も読む。

 

 

ありとあらゆることをやって見るのも良いだろう。

 

なにしろ人間は、幸せになるためにありとあらゆるものを総動員して、

幸せという一大芸術品を作ろうとするので生きているのが人間である。

 

 

これが完成したならば、人間にとっての至福が得られるのである。

 

 

【表プレート】

人間は幸せを探求するために生まれてきたわけではない。

 

 

人間は大いなる充実感と、素晴らしい知恵、

判断力、情緒、人の気持ちがわかる思いやり、優しさ、

 

より優れたものを作るため、

ありとあらゆることに挑戦する楽しさ、

 

失敗してもくじけない強い心、

最後までやり遂げる根性、

 

嘘やあやふやなものを見破る心理学、

自分になにがかけているのかをしっかり見極める反省力、

 

 

少々のことで満足してしまわない強烈な挑戦意欲、

深い愛情に根ざした反省力。

 

 

これらの能力を徹底して極めていくために

生まれているというのが真実なのである。

 

 

そのためには人から非難されることも、

辛い思いも、痛い思いも、冷たい思いもするし、恥もかく。

 

 

そういうところを総動員して

人の魂というのは出来上がっていくのである。

 

 

幸せになるために生きるというのは、

魂の進化発展では中途半端になってしまう。

 

 

むしろ、幸せにならぬがために頑張るというのであれば、

今の幸せの状況というものに、

心を踊らないような状況が出来上がってしまう。

 

 

心が踊るということは楽しいということであり、

充実感がしっかりあるということである。

 

 

この充実感を得るための努力というものが

人間を形成していくものなのである。

 

 

幸せというものを人の望む目的においてしまったら、

 

 

現状がいかに恵まれていようと不幸感が残り、

十分な感謝も湧いてこないのである。

 

 

幸せな感覚というものをよく考えてみた場合、

これは遠い先にあるものではなく、

 

今この時に感じている充実感であることがわかるのである。

 

 

この充実感こそ、幸福というものの真の正体であり、

 

これが幸福の正体であるとわかったならば、

この幸福感を一つでも増やすために頑張る。

 

 

今努力をするということこそが大切なのである。

 

 

幸福感が遠い未来に求めるものでもなく、

近い未来に求めるものでもない。

 

 

現在ここにある心の状態の充実感をいかに増やしていくか、

 

 

一つ一つの目標を立て、それ相応の努力ををしていくことによって、

この幸福感や充実感はますます増えていく性質を持っているのである。

 

 

似ているようであるけれども幸せになりたいのであれば、

 

今現在ある充実感を全て否定するところに、

自分が立たなければならないという、

誤った判断を下さなければならなくなる。

 

 

 

間違えてはならないのは幸福というのは、

今現在ある幸福感や充実感のことであり、

これを十分感じながらさらにボリュームをつけるために、

 

 

もう一つ頑張るという形で作っていくべきものなのである。

 

 

したがって幸福を遠くに置くというのは大きな誤りなのである。

 

==============================

 

前回の「今日の心のプレートvol.28」に続き、

幸せシリーズの第2弾ともいえるのが、

今回の「今日の心のプレートvo.29」です。

 

 

「幸せ」の概念を突き詰めて、

何が得られるのですか?

こんな声も聞こえてきそうですが(苦笑)

 

 

それには大きな違いがあります。

 

 

 

今与えられてる環境の中で、

充実感を持って生きていますか?

 

 

もしそうなら、すでに幸せなんですよと、

心のプレートは教えてくれています。

 

 

充実感を感じられずに遠くに「幸せ」というものを置き、

それが欲しい!といっているのでは、

 

 

いつまでも幸せは手に入らないと思いながら、

一生が終わってしまいますよね。

 

 

一度真剣に考えたとして、

あなたは何が一番欲しいですか??

 

 

お金が欲しいです、

お金があればある程度のことは満たされます。

 

 

はい、私もそう思います!

 

 

私もどちらかというと、

男性のような考え方をする人なので、

仕事をしてお金をいただくのが大好きです(笑)

 

 

でも最近は、人を活かすこと、人に成長していただくために尽力して、

結果を出していただくこと、

 

 

それが私の喜びですし充実感なのだと、

実感しているのです。

 

 

若い時はお恥ずかしいことに、

自分本位に自己満足なことしかやってこなかった私ですが、

 

 

結婚して子供が生まれ、

自分のことや自分の時間が殆どなくなり、

子供中心の生活になり、

 

それによって私にものすごい修正が入ったのですが、

私は充実感を毎日感じていました。

 

 

 

子供の成長を見ていくことが、

私の充実感だったんですよね!

 

 

 

その時に幸せになりたいと感じていたかということ、

そんなことを考える余裕もなかったんですよね。

 

 

 

そして毎日を必死に子育てをこなしていました!

 

 

でも毎日子供と笑い怒り泣きながら、

一緒にバタッと寝てしまう日々は、

 

 

今はもう絶対にできないと思いながらも、

やはり充実感満載で、

私はもしかしたら、その充実感に味をしめたのかもしれません(笑)

 

 

 

今は自己満足だけの仕事では、

もう私自身が満足することも、

喜ぶこともできないのです。

 

 

 

たくさんの人が今の状況より良くなり、

その人の笑顔を見れた時が一番充実感を感じる瞬間、

 

 

その積み重ねによって、

私の充実感はさらに厚く深いものになっていると思います。

 

 

 

でも結果はすぐに出る時もありますし、

すぐに出ない時もあるので、

 

 

その時にはその人と一緒に苦しみ、待ちながら、

必ず良くなるという確信を伝えます。

 

 

 

それは苦しみは悪いものではないと、

わかっているからでもあります。

 

 

 

苦しみがなければ気づけないことの方が、

じつは多いのです、

 

特に自分の未熟さに気がつくことが、なかなかできません。

 

 

 

だから今この瞬間を生きていきましょう!

 

そして今現在の苦しみや克服する喜びも含めて、

自分に向き合うという充実感を楽しんでいきましょう!

 

 

 

今はすぐに過去になるけれど、

 

充実感の積み重ねの毎日なら、

毎日がじつは『幸せ』と呼べる日々なのです。

 

 

 

これだったらもし急に命が終わるとしても、

「ああ、本当に毎日充実して幸せだった…」と思えます。

 

 

努力を継続していくことは、

絶対に自分を裏切らないのですから!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る