今日の心のプレートvol.28

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

==============================================

【裏プレート】

私は幸せになるために生まれてきた。

あらゆることを総動員して

幸せにならなければならない。

 

そのためには常に幸せを追い求めなければならない。

 

幸せは容易に手に入るものではないけれども、

努力次第では幸せは手に入る。

 

手に入るその日まで諦めないで

幸せに向かって歩み続けなければならない。

【表プレート】

私は今が幸せということをよく知っている。

 

空気も十分に吸えて、ご飯も食べられて、

家があって、着る服もあり、

自由に動ける体も、丈夫な体もある。

 

これだけあったら人間どれだけ幸せなことか。

 

なかったらどれだけ苦労なことか。

 

この事実を見るだけで、

どれだけ自分が幸せに満ち溢れてるか、

実感することができる。

 

太陽の光にしてもそうだ。

間違いなく青空がでて、

太陽を見れば自分の気持ちが元気になり、

大きな安らぎにもなる。

 

これは間違いなく幸せなことだ。

 

幸せを遠く求めるのではなく、

現在ある幸せをいかに気づき感謝するかということが、

人間にとって大事か私は知っている。

 

今の幸せの分量というものに気がついたなら、

それをさらに増やすためには目標を決めて、

そのことを手に入れるためにそれなりの努力をして、

幸せの分量を増やすことである。

 

私は素晴らしく恵まれている。

=========================

今日の心のプレートはいかがでしたか?

 

『幸せになりたい』

 

誰もがそのように思っていますし、

 

「幸せ」が欲しいと「幸せ」を手に入れるために生きている、

と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

 

でもそう思いながらも、

「幸せ」とは一体何なのか?がわからないまま、

 

ただ、

『幸せになりたい』という願望を持っている人が、

多いのかも知れないと思います。

 

 

でも表プレートはこう教えてくれています。

 

『空気も十分に吸えて、ご飯も食べられて、

家があって、着る服もあり、

自由に動ける体も、丈夫な体もある。

これだけあったら人間どれだけ幸せなことか』と…

 

 

衣食住がまずはそこそこに満たされている、

 

でもその大前提に、空気や水があること、

太陽があり暖かい光が射し、

作物や動物も育ちその恵みを私達はいただける。

 

 

この当たり前の環境が、

じつは当たり前ではないかもしれないと気づいた時に、

 

「これは幸せなんだ」と感じられます。

 

 

例えば、

太陽も射さない、水もあまりない、

空気も薄くて思い切り吸えない、

食べ物は宇宙食のようなチューブの液体だけ…

 

 

このような環境だったらどうでしょう?

心がすさんでくる気がしますよね。

 

 

私達はあまりにも当たり前に生きていけるので、

それが自然なことだと思っていますが、

 

 

時々空を見上げて、

雲の流れや形にも感動し、

 

地面や木を見て、春の花や桜の花の美しさに感動すると同時に、

この環境を失いたくないと思います。

 

 

こういう幸せを感じられる場面を、

神様はわざわざ用意してくれていると感じるのです。

 

 

だから壊したくないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

願望を叶えようと努力することは、

素晴らしいことです!!

 

 

その努力する過程に充実感があるからですね。

その充実感を「幸せ」と呼ぶのかも知れません。

 

 

幸せの青い鳥を追い求めて追い求めて、

あくせく頑張って探し疲れ切り、ヘトヘトになって家に帰ったら、

 

青い鳥が家にいた、

 

青い鳥に気づかなかっただけだったんだと、

思った時のホッとした気持ち、

 

 

もしかしたらこれが、

「幸せ」の正体なのかも知れません。

 

 

 

小さいことに気づけて、感謝できる自分でいたいと日々思いながら、

充実感を感じて生きています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

関連記事

ページ上部へ戻る