今日の心のプレートvol.21

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

 

 

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

 

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

 

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

==============================================

【裏プレート】

自分はほぼ完璧だから、直す部分はないし、

反省も必要ない。

 

もし反省するとしたらそれは相手である。

 

自分の指摘したことを受け入れないやつは

二度と立ち上がれないぐらい怒鳴る。

 

【表プレート】

人間は絶え間ない努力の中、

毎日をおくるようにできている。

 

 

その努力の中には、自分の至らない不完全な点を見つけて、

より完成度を高いものにしていくというものがある。

 

 

この完成度が高くなってくると、

偉人と呼ばれるものになってくる。

 

 

ただし、自分が偉人になるには程遠いと思って

頑張るのが当たり前なのである。

 

 

自分に厳しく自分を振り返りながら、

 

 

完成度の高いものにするように

努力していくことが大事なんだ。

 

 

努力するには、手抜きをしないこと。

徹底的に前に進み、壁を壊し、

 

 

新しい世界に挑戦しながら、

日々を新鮮に生きることが大事なのである。

 

==============================

今日の心のプレートはいかがでしたか?

 

この裏プレートのように、

自分を完璧な人間だと思える人がいたら、

むしろ、その人の自信のあり方はすごい!と思ってしまいますが(^_^;)

 

 

自分が間違っていない、相手が間違っているんだ、

相手に反省して欲しいと思う人は、

 

かなりいるのではないでしょうか?

 

 

言われたことにカッとなって怒るのは、

意外に図星のことを指摘された時ではないかと思います。

 

 

私もそういう時がありました。

 

 

あとで反省して良く考えてみたら、

心の奥底で(あたってる)と思ったから、

それを認めたくなくて怒ったんだな…と思い出したのです。

 

 

表プレートに書いてあるように、

自分の不完全なところを認めないと、

 

成長はできないということですよね。

 

 

自分を完璧と思っていたら、

直すところはないわけですから…

 

 

 

私も実感しているのですが、

毎日生きていく中で難しいことは、

 

 

『自分に厳しく自分を振り返る』ということです。

 

 

どうしても易きに流され、

自分に甘くなってしまうからです。

 

 

明日はやるぞ!と決めたことでも、

気分によってできなくなってしまうことを、

私もそうですが、誰もが経験していると思います。

 

 

その時のモチベーションの維持や、

自分を支えるものは何でしょう?

 

 

それは「小さい目標」を立てることかな?と思います。

 

「大きい目標」も立てることは素晴らしい!

でもほんの小さい目標を立てることで、

それを「できた!」自分を認めて褒めてあげることができます。

 

 

それとやはり、

「エネルギーを作る」ことではないかなと思います。

 

 

できない時は振り返ると、

エネルギー不足だったりするからです。

 

 

私はエネルギー不足になっているときは、

ゴミ捨てすらもできない時がありました(笑)

 

 

前を進んでいくということは、

小さいことができた瞬間の、

積み重ねの連続でいいと思っています。

 

 

新しい世界というのは、昨日できなかった小さいことが、

たった一つでもできた世界なんですよね。

 

 

今日、会社で苦手な人に自分から挨拶ができた!

 

これが壁を破るということだと私は思います。

 

 

 

一歩ずつ、少しずつ、ゆっくりでもいいから

新しい世界へと進んでいきましょう。

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る