今日の心のプレートvol.14

 

後藤奈緒子です。

 

『心のプレート』というものが心にはあり、

そこに書いてあることで、その人の個性や性格などが形成されていることを、

入澤先生が随分前に発見しました。

 

 

『心のプレート』とはこのようなものです。

https://energy-system.jp/心のプレート/

 

『心のプレート』には裏プレートと表プレートがあり、

裏プレートはマイナスなことが書いてあり、

表プレートにはプラスのことが書いてあります。

 

 

裏プレートが何パーセント表にひっくり返っているかで、

その人が問題を抱えて生きていくのか、充実した人生を生きていけるのかが

決まるといっても過言ではありません!

 

 

入澤先生がある人の『心のプレート』の裏表を読んだものを、

ご紹介していきます。

 

 

この『心のプレート』の内容を、私たちが持っている場合もあります。

 

またこれを読むことで『心のプレート』は、

表にひっくり返ります。

 

 

ぜひ読んでいただき、

表プレートにひっくり返していただきたいと思います。

=========================

【裏プレート】

 

挫折癖。

何かの原因で途中にやめてしまう。

やめてしまった後ではできなくなってしまう。

やめる方向やいけない方向に引っ張られてしまう。

 

 

人間なんて人それぞれだけど、あまり無理をしない方が良い。

無理をすると体に良くないし、精神的なストレスがくる。

 

 

そのストレスの塊というのは、

心を暗く方向に引きずりこんでいく力を持っているものだから、

あまり自分にプレッシャーをかけたり、

無理をしないことがすごく大事なことなんだ。

 

 

これは人間を上手く生きるための鉄則だ。

 

【表プレート】

人は成し遂げる時には多くの障害に出会うが、

その障害を超えて多くの収穫を得なければならない。

 

 

途中で簡単に捨ててはならない。

 

 

どうしたら収穫を得られるか知恵を出さない限り、

良い収穫は得られない。

 

 

途中で諦めたり捨ててしまったりすることは簡単だが、

そこには人間にとっての、

大きな落とし穴が空いていることに気がつかなければならない。

 

 

どんなに辛いものがあったとしても、

そこを突破しない限りその先の収穫は得られないと思ったら、

そこを突破するための知恵を出して、苦労し、徹底的に戦い、

 

 

厚い壁があればそこを何度も何度も叩いて破っていかないと

次の景色が見えてこないというものが人生だということを

よく知っておかなければならない。

 

 

人間には既に壁の連続というものが用意されていて

間違いないのである。

 

 

壁を破る時の気力、体力、持続力というものは、

自分に相当プレッシャーをかけるものだが、

プレッシャーも少し力を出すだけで破れるものになっていく。

 

 

ということは自分が薄い壁一枚でも破っている間に、

壁を破る力をつけていける。

 

 

 

その力をつけていけるように人間を神様が作ってくれているので、

安心して壁を破るための苦労に邁進すべきなのである。

 

 

イライラしたときは辛抱のしどころだなと思えば良い。

 

 

冷たい言葉をかけられたら、暖かいユーモアや、思いやり、

笑顔で返す(接していく)ことによって、

冷たい壁はもろくも簡単に崩れるのである。

 

 

チャンスを捕まえようと思って逃げられた場合に、

 

 

「今の時期が悪い」から「時期を待とう」

などとやると気力が萎えてしまうので、

 

 

再度挑戦することで、

何度目かに捕まえられるものだということを

知っておかなければならない。

 

 

「天候が悪いから行かない方が良い」などとは考えずに、

「天候が悪いから早めに行こう」と考えることによって

相手は感動してくれる。

 

 

いろいろな障害があるが、天候を障害にしないほうが良い。

友達関係で嫌な噂を聞いたら、

その噂に翻弄されずにその噂を確かめる。

 

 

人の噂に弱いという部分は無くさなければならない。

じゃないと、不本意な結果を招くことになるので要注意である。

 

===============================

今日の心のプレートはいかがでしたか?

 

以前、私はすぐに疲れを感じて、

無理なんてできないんだな、

体力の気力も自分には限界があるんだしと、

思っていました。

 

 

今から思うとエネルギーがなかったのが、

最大の原因だったと思います。

 

 

今は入澤先生からエネルギーの作り方を教えていただいたので、

疲れというものをあまり感じずに日々を過ごせ、

やらなければいけないことはやる!と思えて、

やっていくことができています。

 

 

この方の表プレートは、

細かいヒントまで書いてあるので参考になりますよね〜?

 

 

特にここはためになりますよね?

↓↓

 

『冷たい言葉をかけられたら、暖かいユーモアや、思いやり、

笑顔で返す(接していく)ことによって、

冷たい壁はもろくも簡単に崩れるのである。』

 

 

こうなれたら、怖いものはないですよね(笑)

 

 

冷たい言葉をかけられたと思っても、

もしかしたら、その人は本当は表現下手なのかもしれないですし、

 

逆に暖かい対応やユーモアで返せたら、

氷が溶けるように、人のバリアが溶けていきますよね。

 

 

今日の表プレートを読んで、

苦労を苦労と思わずに邁進していきたいと思いました^ ^

 

 

そうなっていけるという勇気をもらえたプレートでしたね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カルマカウンセラー

後藤奈緒子

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る