カルマ変換:60代,女性,リラックスできない・腰痛

ご相談者

年齢:60代
性別:女性
相談内容:リラックスできない・腰痛

カルマ変換前の状況

休みの日にゆっくり休もうと思っても、罪悪感を感じてリラックスできず休んだ気がしない。
「こんなに楽をしてていいのか?」と思ってしまう。
いつも「何かをしていないといけない」と思ってしまい、疲れがとれない。

過去世リーディングでみたカルマの内容

ご相談者様の過去世をリーディングして見ると、過去世では常に上の立場にいた人で、人をこきつかい、休ませずに働かせた。
少しでも休んでいる人がいれば、腰をハンマーで叩いて痛めつけ、見せしめにした。
このため多くの人に「ハンマーで痛めつけられるよりは働いた方がいい」と思わせて絶望を与えた。

人に絶望を与えた事によるカルマを持っていると、カルマが翻訳された時に「腰の痛み」として現れる。

ご相談者様がリラックスして休めないのは、過去世で人を間断なく働かせていた時に作ったカルマが出て、常に気が休まらない状態になっているのがわかった。

カルマ変換後の状況

カルマを変換をすると、ゆったりした気持ちになってきた。
腰の痛みもなくなってきた。

後藤奈緒子カウンセラーの感想

gotoH120セッションが終わって感想を聞くと、「今度旅行に行くときは、心からゆったりと楽しめそうです」と喜んでいらっしゃいました。

※感想は個人の所感であり効果・効能を示すものではありません。

無料カウンセリングお申し込みフォーム

初めての方は、下記の無料カウンセリングフォームからお気軽にご相談ください。
後藤奈緒子カウンセラーがお一人お一人の疑問や悩みにお答えします。
なお、休日および出張の際には回答にお時間をいただく場合がございます。何卒ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶