カルマ変換:60代,女性,物忘れ

ご相談者

年齢:60代
性別:女性
相談内容:物忘れ

カルマ変換前の状況

もの忘れがひどくなり、仕事のミスが多くなった。
仕事が報告書を出すことを全く忘れて1か月近く経ってから思い出した。
認識しているはずなのに、瞬時にそのことを忘れて行動していることが不安になりセッションを受けた。

過去世リーディングでみたカルマの内容

過去世をリーディングしてみると、王様・権力者・マフィアのボスなどをやった過去が非常に多い方だった。
過去世では「自分のことがすべて正しい」と横暴さと傲慢で作ってきたカルマが膨大にあった。
「冤罪で罪のない人を処罰、処刑した」「人を馬鹿にした」ことによるカルマが多いと、頭の意識が消えて物忘れが激しくなる。
この状態を放置して物忘れが進行すると認知症になってしまう。

カルマ変換後の状況

冤罪で罪のない人を処罰処刑したカルマを変換すると、頭がすっきりして軽くなってきた。

後藤奈緒子カウンセラーの感想

gotoH120セッションが終わると、ぼーっとしているように見えた表情もしっかりしてきて、「これでもの忘れの日々から抜けられます」と喜んでいました。
身体の方にも、足やひざの骨を強化する変換を行ったので「軽くなった」とおっしゃっていました。
たかが「物忘れ」と軽く思いがちですが、「物忘れ」を放置して症状がひどくなると認知症になってしまいます。
「物忘れ」しやすい人はこのカルマがあると思いますので、早めにカルマ変換をすることをおすすめします。
※感想は個人の所感であり効果・効能を示すものではありません。

無料カウンセリングお申し込みフォーム

初めての方は、下記の無料カウンセリングフォームからお気軽にご相談ください。
後藤奈緒子カウンセラーがお一人お一人の疑問や悩みにお答えします。
なお、休日および出張の際には回答にお時間をいただく場合がございます。何卒ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2013.09.1

    感謝の連続