病気・身体の不調
HOME病気・身体の不調 > 背中の痛みが改善した例

病気・身体の不調

まずは無料!カウンセリング

背中の痛みが改善した例


60代男性:背中の痛み

背中の痛み

  • 背中の痛みが長く続いている
  • 特に肩甲骨が痛い

セッションの内容

以前のセッションの過去世リーディングで、過去世で権力者であったことが多く、自らの権力を誇示するため恐怖政治を執っていて、その時代に人々に外傷を与えてできたカルマがあり、すでに変換し終えていました。

しかし未だに痛みが残っているので、今回は痛みの原因になる要素をさらに探求してみました。

裏プレート

その結果‥心の【裏プレート】に‥

「人の生き方は全て私が決めるのである。一度私が決めたら決めた通りに生きてもらわないと困るし、すべて私が背負うのである。」

と書かれた【裏プレート】が存在し、そのプレートの影響で変形型の独占欲が生じ、その独占欲の重さで背中が痛くなっていることがわかりました。


セッションの内容

表プレート

このプレートをひっくり返すと「自由意識が発達すると、自立心がうまれてくる。何を選ぶのかは人に任せるものだ、選択は個々の責任なのである。」という【表プレート】が出てきました。

それと併せて【裏プレート】が発するバイブレーションに従った行動で作ったカルマを変換しました。

セッションが終わると「背中を動かすのが楽になった」「背中が軽くなり痛みが消えた」と、とても喜ばれていました。


後藤奈緒子カウンセラーの感想

過去世で自分に関係する人に与えてしまった外傷だけでなく、人にどのような思いをさせてしまったかによっても、カルマの影響が身体に出ることがわかったセッションでした。

今回のように「背負わなくて良いものを背負う」というカルマが「肩が重く痛くなる」という形で現象化していたというのが衝撃的でした。

セッションでは、今回のようにまず過去世で人に外傷を与えたカルマを探求・解消します。

そして、それでも状況が良くならない時は、心の内面にある辛い思いをさせたカルマを探求をし、現世で現象化している問題の原因となっているカルマを解消をしていきます。


その他の【背中・腰】の病気・悩み