カルマ変換:60代,男性,背中の痛み

ご相談者

年齢:60代
性別:男性
相談内容:背中の痛み

カルマ変換前の状況

この方は背中の痛みが長く続いている。特に肩甲骨が痛い。
この方の過去世は権力者であったことが多く、自らの権力を誇示するため恐怖政治を執っていた。
権力者の時に人々に外傷を与えてできたカルマは変換したが、未だに痛みが続くのその原因をさらに探求した。

その結果、裏プレートに

「人の生き方は全て私が決めるのである。一度私が決めたら決めた通りに生きてもらわないと困るし、すべて私が背負うのである。」

という変形型の独占欲があることがわかった。

カルマ変換の内容

このプレートをひっくり返すと、

「自由意識が発達すると、自立心がうまれてくる。何を選ぶのかは人に任せるものだ、選択は個々の責任なのである。」

という表プレートが出た。

その裏プレートで作った独占欲の重さで、背中が痛くなっていることがわかり、裏プレートが原因となっているカルマを変換した。

カルマ変換後の状況

カルマを変換した後は、背中を動かすのが楽になった。背中が軽くなり痛みが解消した。

後藤奈緒子カウンセラーの感想

gotoH120過去世で自分に関係する人に与えてしまった外傷だけでなく、人にどのような思いをさせてしまったかによっても、カルマの影響が身体に出ることがわかったセッションでした。
今回のように「背負わなくて良いものを背負う」というカルマが「肩が重く痛くなる」という形で現象化していたというのが衝撃的でした。

セッションでは、今回のようにまず過去世で人に外傷を与えたカルマを探求・解消し、それでも状況が良くならない時は心の内面に辛い思いをさせたカルマを探求をして、現世で現象化している問題の原因となっているカルマを解消をしていきます。

人の痛みは単純ではありません。
深く深く探求して初めて解るものです。

※感想は個人の所感であり効果・効能を示すものではありません。

無料カウンセリングお申し込みフォーム

初めての方は、下記の無料カウンセリングフォームからお気軽にご相談ください。
後藤奈緒子カウンセラーがお一人お一人の疑問や悩みにお答えします。
なお、休日および出張の際には回答にお時間をいただく場合がございます。何卒ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2013.09.1

    感謝の連続