9ヶ月間痛みで歩けなかった!

皆さんの中には、カルマという見たこともない存在を簡単には信じきれない方もいらっしゃるでしょう。

しかしカルマはしっかりと存在しています。

またそれを証明することはいたって簡単です。

最近よく見るCMで、こんなのがありますね。

思いを見ることはできないけれど、思いやりは誰でも見える

カルマもそうです。

カルマは見えないけれど、カルマの現象は誰でも見える

目に見えないものでも、それが現象として肉体や心に現れれば、カルマが存在していることを証明できるのです。

現代医療で原因不明といわれる症状には、特にカルマの存在を見ることはできます。

ここで先日来院された方のお話をします。

この方は50代の女性です。

一年ぶりに来院されました。

腰からお尻、腿から膝まで耐え難い痛みがあり、寝ていても痛く、寝返りをしようものなら激痛が走り、おちおち寝ていられないほど辛い状態が9か月以上も続いていたそうです。

来院時は腰と太もも、ひざの激痛で歩くこともままならず、油汗をかきながら、ロボットのようにひざを伸ばしたままで、足を引きずりながらやっと歩いていらしたのでした。

うちに来るまでは、あらゆる治療を試みたようでした。

整体治療や、ハリ治療、整形外科には3ヶ所も回ったのでしたが、原因もわからないまま今に至ったということでした。

さて、私は「カルマの達人」ですから、彼女の過去世を読んでみたら、すごいカルマが沢山出てきました。

過去世で痛めつけた相手は、よっぽど許せなかったのでしょう。

まず、3人がかりで相手をメッタ打ちにしていました。

次に木をとがらせたもので尻や腿を突き刺す。

大きな石で腰や膝を思いっきり何度もつぶしている。

こんな恐ろしい映像が読み取れました。

皆さんひどいと思われるかもしれませんが、昔は戦場に行けばこんなことは日常茶飯事ですよ。

先日見た「JIN」というドラマで、主人公があらぬ疑いを掛けられて拷問されているシーンがありました。

このように現代では残酷と思われることでも、時代背景が変われば至極当然のことだったのです。

ただし、カルマは時代が変わったからと言って自動的に清算される訳ではなく、いつか積極的に清算しなければならないという時期がやってきます。

カルマを解消するためには痛みつけた人の苦しみを体や心で再現するか、それを通して過去世の自分を想像して反省するか、二つに一つなのです。

カルマとは過去世で痛めつけた相手の苦しみが、再現されて自分に還ってくるという代物です。

なぜならカルマは「責任」という意味があり、過去世であれ自分が人に与えた苦しみは、自分の責任で解消するという意味合いが含まれているからです。

ちょっと話がそれましたが、彼女の治療の話に戻りましょう。

痛みの原因となっているカルマがわかったのなら、もうこっちのもんです。

彼女にカルマの内容を教え、今起こっている痛みはかつて自分が人に与えた痛みであり、心から「ごめんなさい!」と反省をしてもらい、私の治療がスタートしました。

治療に要した時間は約30分くらいでしした。

治療が終わり、ベットから起き上がってもらうともうすっきりした顔に変わっていました。

腿やお尻の痛みも消え、嬉しさの余り、何回も膝を屈伸してみたり、腰をひねってみたり、

立っていることさえ苦痛だったのが軽やかに歩いていたのでした。

また、ひざも腰も以前よりしっかりしたような感じがあり、ニコニコ顔でお帰りになりました。

ホント良かったですね。患者さんが苦痛から解放された顔を見るたび私も嬉しくなります。

私の治療は、カルマをプラス変換することはもちろんのこと、それと共に痛んだ個所の細胞を若返らせたり、また修復不可能になった細胞を消し、全く新しいものと交換する、また肉体の弱った個所を新しいものと交換する、という目に見えない技術をフル活用して行っています。

常識では測りきれないものですが、これが私の特殊技術とも言うべき治療法なのです。

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶