カルマ変換:60代男性,目の痛み,飛蚊症,心臓の重苦しさ

ご相談者

年齢:60代
性別:男性
相談内容:目の痛み、飛蚊症(ひぶんしょう)、心臓の重苦しさ

カルマ変換前の状況

右目が垂れてしまい目に気力を感じない。
右目の奥が鈍く痛い。
飛蚊症が出て、視野の中をギザギザに繋がった黒い球が飛んでいる。
心臓が重く苦しい。
顔色悪く覇気がない。

過去世リーディングでみたカルマの内容

この方は、過去世で権力者を数多く経験している。

メリケンサックで人を突いたカルマが右目の痛みとなって出た。

黒人を差別したカルマが飛蚊症としてでた。
(飛蚊症で黒いものが見えるのは黒人を差別したカルマ。白いものが見えるのは白人を差別したカルマ)

黒人を数珠つなぎに縛って虐待した。

自分の支配下にある黒人を「お前らは人間じゃない!生意気に言葉をしゃべるんじゃない!」と罵倒した。
(強く罵倒された人はその通りの気持ちを植え付けられてしまう。このようなカルマを作ると、自分が黒人に転生して同じ目にあう)

権力者の時に、自分に逆らった人を反逆罪で股裂きの刑で八つ裂きにしたカルマが心臓の重苦しさとなって出た。
人の四肢に馬を繋ぎ、それらを異なる方向に一斉に走らせた。
手、脚が引きちぎられて体がバラバラになると心臓が止まる。
股裂きのカルマは心臓の重苦しさ、痛み、心臓が動かない等の現象に翻訳されて体に現れる。
このカルマの量が多い場合、急な心筋梗塞として現象化する。
Dieric Bouts 013

カルマ変換後の状況

目の痛みを感じなくなった。
ギザギザに見えていた黒い球が薄くなり気にならなくなった。
心臓の重さと痛みなくなった。
身体が軽くなった。
目に光が宿り、自然と笑顔があふれるようになった。

後藤奈緒子カウンセラーの感想

gotoH120ご相談者様は、急な心臓発作で何度か倒れていますが、その度、入澤先生に電話をかけて緊急の遠隔カルマ変換を受け、何とか難を逃れています。
心臓に現象化した股裂きの刑のカルマは、カルマ変換を重ねて当初より大分減ってきました。
今回、セッションを受けにいらした時は元気がなく体もお辛そうでしたが、セッションを終える頃には目が輝き、明るい笑い声が自然と出てきて、体の中から元気が溢れてきた印象を受けました。

※感想は個人の所感であり効果・効能を示すものではありません。

無料カウンセリングお申し込みフォーム

初めての方は、下記の無料カウンセリングフォームからお気軽にご相談ください。
後藤奈緒子カウンセラーがお一人お一人の疑問や悩みにお答えします。
なお、休日および出張の際には回答にお時間をいただく場合がございます。何卒ご了承ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶