責任感を成長させる15の方法

前回は成功へ導く責任感の話をさせて頂きましたが、今回はこの責任感を成長させる秘策をお話させて頂きます。

自らの責任感が成長の方向にあるか?のチェックする方法としても有効です。

成長したい人間が、成長させなければならない3番目に「責任感」があります。

人生には、全てのことに「判断力」が関わります。

判断力を磨くこと、養うことが人生最大の目標であり、これを優れたものにするために人生があると言っても良いのです。

判断力が全ての中心としてあり、これを高めるために様々な心の要素があります。人間が成長させるべき心の要として、1番目は「強さ」2番目は「愛情」3番目が「責任感」となります。

責任感は、愛情が高度に成長したもので、より高度な愛情形態でもあります。

  1. チャレンジ精神を常に忘れず、怠らない。
  2. 責任の要はどこにあるか、しっかり焦点を定めておく。
  3. 達成できたらこうなる、夢と希望で結果を想像し、楽しさでワクワクするような考え癖をつける。
  4. 出来ること、出来ないことを良く検討し、自分の判断で出来る要素が9割あると思えば、責任を受け止めこなしていけると考えてよい。
  5. 日頃から楽にこなせるものを多く経験し、自信をつけ、成功体験癖をつける。
  6. ストレートに考えるより、多種多様な創意工夫、ひとひねり入れて考えることでパワー(気力)が出る。この気力が責任を軽く感じさせる。
  7. 要求に対する回答を、シミュレーションすること。シミュレーションしようとすることでイマジネーションが生まれる。
  8. どんずまりになった時こそ、最高の知恵が湧いてくる法則があることを心の底から理解しておく。
  9. 腰を据えて、どっしりとした気持ちで、動揺しない自分を作るよう日頃から積極的に訓練しておくこと。
    動揺することが起きた時、動揺している自分を「こんなことじゃいかん!」と反省する。
  10. 日頃から問題点の明るさと暗さを読み取る感覚を訓練しておく。
    暗さ … 問題点が多すぎる、あるいは失敗で終わる
    明るさ… 難解であっても、その先に明るい未来が用意されている
    これは人に騙されないための訓練でもある。
    第六感(直感)5割、触って感じるような感触5割
    あまのじゃくな心のプレートを持っていると、反対の感覚になりやすい。
  11. その人の名声に目がくらみ、本質を見抜けないで深入りすると、大きな火傷を負うことを知っておくこと。
  12. 宗教を信仰し、手を合わせているからと言って、信仰深く謙虚で優れている人とは限らない。むしろ神頼みをよくしている人ほど要注意して付き合う必要がある。責任には「努力」が大きく関わるものであり、神頼みは知らず知らずうちに努力を怠らせる場合が多く、責任感を弱めてしまうことがある。
  13. 情熱という火を落とせば落とすほど、責任感は薄れていく。
    情熱の火を増々駆り立てるには、常日頃からあらゆる手段、選択、考えを動員するという努力をしておくことが大切である。
  14. 信念、確信、自在心と成長するように、責任感も更に大きく、柔軟で強靭なものに進化する法則を知っておくこと。
    責任のあり方も時代の動きにあわせて形態を変えていくなど柔軟性が必要になる。責任感は柔軟で強靭であるほど、強い信頼感と優れた成果を生むのである。
  15. 心地よい充実感、心地よい高度な波動の現れ方によって、責任感の進化と成長が計れる。
    自分の気持ちの中に横着(面倒くさい、かったるい、手抜きしたい、どうでもいいや)がどのくらいあるか?を常にチェックする習慣をつけておく。
最近の記事 おすすめ記事