認知症の原因と症状の改善

80代女性のお姑さんが夜中の12時にデイサービスに行くと言って、お化粧等の身支度を始めたので、これを見て慌てたお嫁さんから電話で相談をうけました。

夜中の話でしたが、お嫁さんが大変お困りだったので緊急の遠隔セッションをお引き受けしました。

セッションの内容

お嫁さんからうかがった話から、お姑さんの行動は認知症の予兆であろうと推測し、お姑さんの過去世をリーディングしてみると、お姑さんが過去世で「人をバカにした」「冤罪で罪のない人を罰した」ことにより生じたカルマで頭が混線を起こしていることがわかったので、そのカルマを遠隔で変換しました。

カルマを変換した後、お姑さんを「とにかく今は夜中だから、少し寝て明日の朝行きましょう」と説得し、化粧も外行きの着替えもそのままに、お姑さんには休んでもらいました。
翌朝6時に目覚めたお姑さんは、昨晩までうつろだった表情がすっきりした表情に変り、元気にデイサービスに行かれたそうです。

「ただいま!」と元気にデイサービスから帰ってきたお姑さんは、「漢字を教えて!」と言って、これまで使っていなかった辞書をおもむろに持ち出して漢字を調べはじめたので、ご主人が漢字が教えたところ「そうか、わかった!」と言って喜んでいたそうです。

お嫁さんは「お母さんは、知らなかった漢字を覚えられたことがとても嬉しそうだった」と、お姑さんの変化に驚かれていました。

後藤奈緒子カウンセラーの感想

突然の夜中の電話でしたが、お嫁さんがお姑さんの異変に気づき、すぐに先生に電話したのが良かったようで、先生も「間に合ってよかった」と言っていました。
あと一歩のところで、認知症になっていたかもしれません。

カルマ変換後は知識を吸収したい、勉強したいという才能が開花し、別人のようになっていたのが印象的でした。
またデイサービスに行って帰ってきた時は、今まで元気に「ただいま」と言ったことがなかったお姑さんが、明るくなったことに二重の驚きと喜びをご夫婦で感じられたようです。

認知症は少しでも早めの対応が重要です。
認知症の様子が酷くなってからではなく、予兆を感じたらすぐにカルマを変換することが大切だと感じました。

無料カウンセリング

カルマ変換に関心がある方は、下記の無料カウンセリングフォームからお気軽にご相談ください。
カルマカウンセラー後藤奈緒子がお一人お一人の疑問や悩みにお答えします。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文

カルマ変換事例アクセスランキング

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶