終戦記念日で考えた!

8月15日。

毎年、めぐってくるこの日。

 

テレビでは終戦特集とかで、戦争に関する番組が放映されている。

戦争はいけない。
戦争は非人間的だ。
戦争は哀しい。

見る人によって、さまざまな思いがよぎるだろう。

 

現在、誰もが共有する思いには、悲惨な戦争に突入していかなければならなかった一般の人々の哀しさや悔しさに共感する事だ。

ある者は、親を亡くし、
ある者は、子を亡くし、
ある者は、志半ばで人生を奪われ。
ある者は、頑なな軍国主義の手先として絞首刑にされた。

誰もが一人の父であり、母であり、子である。

戦争という、国の争いに巻き込まれた個人の哀しみは尽きることはない。

国と国の争いに、未だ個人が巻き添えを食っていることに憤りを感じる。

 

しかし、個人の嘆き、哀しみは時を超えて語り継がれていく。

戦争を経験した人々が語り部となって、戦争の悲惨さを平和しか知らない人々に語り続けている。

悲惨な出来事に目を背けるのではなく、
耳をふさぐのではなく、
過ぎ去った昔の出来事として忘れ去るのではなく、
過去の悲惨な出来事を心と頭に刻印し、
語り継いでいかなければならない。

それが今、平和の中にいる人間として、やらなければならないことだと思っている。

 

さらに戦争というものを突っ込んで考えてみると、必ず「戦争を起こしたい!」という思いを持つ人物やグループがいることを忘れてはならない。

歴史の陰に隠された思想や経済事情にまで及ぶ、綿密な計画を画策していた者がいたことも事実だ。

 

だから個人レベルで考えた時に、個人の命、財産、心を簡単にもてあそぶような考え方にやすやすと乗ってはいけないんだ。

 

じゃぁ

一人の人間として何ができるのか?
やすやすと口車に乗らないためにはどうしたらいいのか?

 

秘策は、自分の中にある「恨み、呪い、復讐心」を増幅しないように、常に自分を客観視できる冷静な目を持つことだ。

 

「恨み、呪い、復讐心」は、人間の心を正当化させ、判断力を弱め、戦争に駆り立てる。

戦争を起こそう画策している人間にとっては、最もつけ込みやすく、操りやすい意識なんだ。

そのようなことを個人が意識するか、しないかで、人間の歴史は大きく進化発展いくものだと思っている。

 

カルマの達人として、人類はこれ以上戦争する必要があるのか?調べてみた。

 

戦争によって生まれた膨大で悲惨なカルマは、人間の心の進化発達に必要な量の実に5千億倍の62乗倍程のカルマ量に達しているようだ。

これはもうリミットに達してるといえるだろう。

これ以上戦争にまつわるカルマを作るという事は、人類が存続できないほど危険な域に達するということだ。

 

では、このたまりにたまったカルマをどう処理すればいいのか?

実はこれを平和利用することも可能なんだ。

 

カルマは、変換することで人間の魂を形成する一細胞になる。

悲惨な内容を持つカルマも変換することによって、まったく無害なものになるばかりではなく、活力のある平和的で創造的な意識を形成する上で不可欠なものになっているからだ。

これほど膨大な量のカルマがたまっていることを知っている人間は、多分この地上においては僕しかいないだろう。

 

人にはそれぞれ役目がある。

僕はカルマ変換という大きな役目をもって生まれてきた。

自分の責任範囲の話になるが、この膨大な戦争に関するカルマを変換することも僕にとっての大事な仕事の一つである。

 

今日は終戦記念日という事なので、戦争に関する大量カルマ変換を行うつもりだ。

僕が大量カルマ変換することで、地球と人間がより良い方向へと発展進化していくことを強く、強く心から願っているからだ。

 

さぁ、夜も更けてきたことだし、明日にならないうちに、これから全人類に向けて大量カルマ変換するぞー!

 

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶