熱中症のカルマとは?

毎日暑い!

全国的に猛暑日が続いているが、 皆さん大丈夫ですか~?

熱中症にならないように気をつけて下さ~い。


暑いと冷やしたスイカが美味しいね。

 

ちなみに、同じ環境でいても、 熱中症になる人と、ならない人がいる。

その分かれ目には何があるのか?

もちろん肉体的、体力的な差も多く関係しているが、僕的に考えていくと、同じ環境にいたとしても、熱中症になる人とならない人には、その人のカルマ量が大きく関係していると思っている。

熱中症に関しても、カルマは大きく関与している。

では、熱中症のカルマには一体どんなものがあるのか?

特徴的なのは、熱さ乾きに関することが挙げられる。

具体的な内容として

「猛暑の時期、炎天下の中、水も飲ませず重労働をさせ酷使した」
「拷問として、灼熱の砂漠を歩かせた」
「罰として、身一つで砂漠に放置した」

こんなカルマを未だ解消しないまま現世でも持ち続けていたら、それこそ夏の暑さに反応して、熱中症の原因となるカルマが大量に出やすくなってくる。

もしこの記事を読んで、気分が悪くなったりしたら、それはここに書かれていることが問題ではなく、自分の中に存在するカルマが出てきていることを示しているんだ。

 

じゃぁ、カルマが出てきたらどうする?

そんな時は、すぐ反省して熱中症の原因となっているカルマを解消することだ。

「今、自分が経験している辛さの何倍も辛かったんだな」と思いながら
「過去世の出来事とはいえ、こんな苦しい辛い思いをさせてしまってごめんなさい」
と強く思いながら反省することが大切な事なんだ。

 

カルマは人間の生業と非常に深い関係がある。

過去世での出来事はもちろんのこと、現世における考え方や生き方にも大きく関わっている。

何をしても上手くいかない。
人から疎まれているような気がする。
人間関係が上手くいかない。
運に見放されているような気がする。
生きていても仕方がない、と思う。

もしこのような人生観を持っていたとしたら、それは遠い過去世から連綿と続いているカルマを、現世でも引きずって生きていると言っても過言ではないからだ。

 

ちょっと話はそれたけど、肉体的な症状だからと言って対処療法をすることもいいけれど、ひどい状態になる前に自分の中にあるカルマの存在に気付いて、カルマ変換に挑戦してみることをお勧めしたい。

カルマの達人としては、「反省によるカルマ変換」で快適な人生を送ってほしいと思っている。

 

じゃぁ、そんな人生を送るためのカルマ変換をいつするの?

そりゃ~、今でしょ!

 

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶