懐かしのチンチン電車、健在!

僕の家の近所には都電が走っている。

早稲田から町屋まで。

途中には、お婆ちゃんの原宿と言われている巣鴨地蔵を経由している。

 

この写真は、向原駅近辺で撮ったものだ。

家の窓を開け放していると、ガタゴト、ガタゴトと走る都電の音と、時折チンチンというベルの音が聞こえてくる。

ちょっと昭和レトロっぽいけど、是非とも残してほしい風景だ。

 

人間は前進し、進化していかなければならない使命を魂の中に刻み込まれている存在だ。

だから、少しでも古いものに接したときに、心のどこかで古臭いものを感じて、どこか排他的になろうとする傾向を秘めている。

しかし、古い物の中にも非常に素晴らしいものが多くあることも見落としてはならない。

 

また、反対に新しいものの中にも、つまらない物を多く含んでいるものもある。

大切なことは、古い新しいに関わらず、魂が震えるような感動的な事柄に多く触れることを心掛けて毎日をおくる事だと思う。

 

それは古い新しいというジャンルにとらわれず「人間が感動的に生きていくために用意された素材が、身の回りに数多く存在する」ということを知ることでもあるからだ。

感動できることは、人間が進化成長するために不可欠な『成長促進剤』になっているし、愛情豊かな感情を育てるためにも大切なことなんだ。

 

感動できる素材を、日々どの位多くGetできるか?

それが人間成長の鍵になっているし、魂をより進化成長させ、充実させていくためにも重要なことになっているからだ。

 

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶