ありがとう 感謝のかどに福来たる

前回「DDメンバーの事」という記事を書いたんだ。

そのとき「DDメンバー」の内容をお知らせしたんだが、大切なことを忘れていたよ。
それはメッセージカードの事なんだ。

このカードは毎月の更新案内とともにメンバーの皆さんにお送りしているものだ。
言葉はもちろん僕が作るけど、イラストレーターが凄い人なんだ。
「エサカマサミ」先生が毎月、言葉の内容に沿ったイラストを描いてくれている。

エサカマサミ」って誰?と思う人も多いけど、「ビックリマンチョコ」のカードを描いた人でもあるんだ。

すごい才能の持ち主で、様々なタッチの絵が自由自在に描ける人だ。
またエアーブラシの第一人者で、様々なイベントにも出演している人なんだ。

そういう人とのコラボレーションで毎月、一つの作品ができあがっていく。
僕自身も、自分が作った言葉にどのような絵ができあがるのか?、毎月とても楽しみにしている。

ということで、キャラクターは「羽尾のある豚」にして、この子が様々な出来事に遭遇して学んでいく姿を絵にしている。

言葉だけではなく、言葉の解説も一緒にメンバーの方にお送りしている。

「DDメンバー」は発足してから今年で7年目に突入した。
2007年の1月からスタートしたから、6年分、計72枚ものメッセージカードがあるんで、ここいらで、出し惜しみせずブログ上で公開していこうと思っているんだ。

記念すべき第1枚目のカードは、2007年1月に作ったものだ。

「ありがとう 感謝のかどに 福来たる」

「ありがとう」の言葉は、人と人を繋ぐ心の架け橋です。
その言葉に込められた、感謝の暖かい思いには、愛情と思いやりがたっぷりと含まれています。
愛情は元気エネルギーの源です。
思いやりは人の思いを理解する心のセンサーです。
感謝の思いを表す「ありがとう」の言葉には、人と人を隔てる壁を打ち破る愛情の強さがあります。
相手の心を気遣う「思いやりの心」を育てます。
また、スムースなコミュニケーションのベースであり、友好的で発展的な人間関係を築く発端となっているのです。

今年は、この言葉が「書」になった。

僕の知り合いが、書き初めの言葉として使いたいといわれたので、喜んで提供させてもらった。

素晴らしい筆の運びで、格調高い「書」になっている。

高野さんありがとうございます。

こうやって作ったものが独り歩きしてくれるのは、作者としても嬉しい限りだ。

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶