問題を避けて簡単単純に生きる?

ソチ・オリンピックのスノーボードで二人の青年が快挙を遂げた。

10代の若い子達の素晴らしいパフォーマンスに誰もが感動を覚え、熱狂した。

ここに至るまでの彼らの努力と情熱、彼らを支えている人々の献身的な努力に思いを巡らせば、簡単にできたことなど皆無だったと思う。

その時々に遭遇する様々な問題があれば、探求心を発揮し、解決策を模索し、自分に出来る全てのことを恐れることなく、ためらうことなくチャレンジしてきたからこそ成し遂げられたのだと思う。

ということで、今日はこんな心のプレートにしてみた。

何事も簡単に単純に考えていたのなら、人生で味わうべく多くの感動は影を潜め、色あせてくるだろう。

裏プレート

分からない事があったら、そこを出来るだけ飛び越えていくのが一番良い。

いちいち探求して、これが何であるかというような事を調べたり、確かめていたりすると時間の無駄がはなはだしい。

簡単なのが一番なのである!

複雑なものは全て避けて通れば、人生は出来るだけ容易に生きる事が出来るのである。

それをいちいち探求し、解答を得て、理解するような作業は時間の無駄である。

そんな事をしているのなら、遊びの時間に回している方が得であり楽しいのである。

人生を如何に楽しくしていくかという事は、如何に単純に生きるかという事である。

難しいものに頭を突っ込んで、あまり考えていると、頭が痛くなったり、苦しい思いをするだけである。

単純に単純に生きるのが一番である。

※この裏プレートには、反対の意味を持ったものが、同時に存在しているので、それも紹介したい。

自分の所には単純な仕事しか入ってこない。少し難しい仕事になると自分も嫌になるし、それを見て、決して自分に任せようという人は居ない。

これは結局面白くない。

面白くない気持ちで一杯だ。

少し難しい事の分かる人間には重要な仕事が与えられ、給与も多く与えられるが、自分の所には一切来ない。

良い仕事は人に取られ、割の合わない重要でもない仕事ばかり来る。

地位も同じ歳なら別の人が偉くなり、時には後輩に抜かれてみたりなどの事が起こってしまう。

何て面白くない不公平な人生なんだろう。

という不満タラタラ。

この愚痴めいた言葉の中にあるものは?

それは「難問を嫌い、避けて生きる」という姿勢の問題である。

 

表プレート

生きているとあらゆる困難に出会う。

これは何であろうか?という事を、考えざる得ない場面に幾つも遭遇する。

その場面がやってきた時に、苦しいからと言ってそこから逃げてばかりでいたら、いつまで経っても簡単な計算しか出来ない人にしかなれないし、少し難しい問題は全くお手上げな無能力の人にしかならない。

自分の周りに起こる困難・難解なものは、全て自分に謎解きをせよというお知らせなのである。

それをよく理解する事により、人生観は広がり、良き友を作り、感動的な人生を送る事が出来るのである。

感動というものは簡単に起きるモノではない。

探求し、出来るだけ深く理解していく事によって、進化の波動が発動し、感動がより大きくなり、理解がより深まり、大いなる輝きの源に向かって進化を始めているという事なのである。

少し難しいからと言って、簡単に捨てるような人生では面白さも半減し、生きている事の意味を8割方捨てるという事を知っておかなければならない。

心の底から楽しみ、面白がり、愛情を発揮し、希望を持ち、多くの事を成し遂げる中に生きている事の真の意味が存在するのである。

 

  • 最近ちょっとマンネリ気味?
  • ワクワク、ドキドキが少なくなってきた?
  • 感動できなくなってきた?
  • 毎日同じ事の繰り返しでつまらなくなってきた。

などと、思い始めてきた方々に今日の心のプレートはお勧めだ。

裏プレートを読んでから「こんな自分じゃ嫌だ!表にひっくり返れ」と思うことで、投げやりな人生観を持った裏プレートが表にひっくり返り、その結果、いつも見ている風景も感動的な思いで見ることが出来るからだ。

感動は、心に躍動感とやる気と愛情をもたらし、活動的な肉体を作っていく秘訣でもある。

まして今は冬のオリンピックの最中。

選手達の素晴らしいパフォーマンスを見ながら、溌剌とした心で感動を高める事が出来るグッドチャンスでもある。

さぁ、今日も選手達の素晴らしい活躍を見ながら夜を明かそうとするか。

寝不足になるけど…
でも大丈夫!

感動は心と体にエネルギーを大量に作ってくれるし、元気とやる気を起こさせる秘訣でもあるから。

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事