反省の大切さ

反省はどのような意味を持っているか、知っていますか?

皆さんが知っている反省は 自分がトラブルを起こした時、それに対する謝罪の気持ちを 表すだけの手段として考えていませんか?

しかし「カルマの達人」である、私の意見は違います。

謝っただけ、詫びただけの反省は、 反省の本当の姿を垣間見ただけで 反省が持っている絶大な効果を見落としているのです。

反省は詫びる、謝罪するということは、人間として当然のことですが、 そこに秘められた本来の目的を考えると、もっと深い理由があったのです。

1.反省は自分の誤りを修正するためにある。

2.反省することによって、心が頑固になることを防ぎ、心の柔軟性を養う。

3.こじれた人間関係の修復をスムーズに行う。

4.失敗から、より素晴らしい考えを導き出す。

5.自分の判断力を高める。

6.間違ったことに気がついたら、素早く軌道修正させる力がある。

7.素直さを作る秘訣。

8.大量にあるカルマを変換し、プラス要素に変えていく。

反省はあまりにも重要であるにも関わらず 昨今はとても軽く扱われているような気がします。

しかし、反省の働きをよく理解し、使いこなすことができたなら 過酷な状況に遭遇したとしても、 力強く、たくましく、愛情深く生きていくことができるのです。

まずは自分を客観視できることが大切です。

「自分の考えることは、全て絶対正しい」

という頑固な思いは禁物です。

フラットな気持ちになって、人から言われる非難、批判、苦言を嫌わない。

もし言われても、それを逆恨みするのではなく、そこに自分の修正すべき点があることを自分自身で探し出すことが大事です。

自分の長所ばかりではなく、欠点も認めること。

自分の間違っていると思われる点や、修正すべき点を認めることが大事です。

欠点を見つけたら、「こんな自分じゃいやだ!」と、強く思うことがとても大切です。

※これはとても重要な思い方です。自分の修正すべき部分を強烈に変えていける言葉だからです。  参考  心のプレート

反省することは、卑屈な思いを作るのではありません。

負けを認め、ひれ伏して屈伏することでもありません。

見かけはそうでも、 反省することは、愛情を育て、自分を育て、 器の大きい人間を作るための必須条件なのです。

そして 誰もが持っているカルマを解消させ、元気や明るさ、情熱などの プラス要素に変えていくための絶対条件になっているのです。

我が家には1匹、反省しない犬がいます。

小さくて、可愛くて、面白いのですが、誰でも彼でも吠えまくる。

ごめんなさいは出来るけど、すぐ忘れてしまう。

のど元過ぎれば何とやら。

その名はアラン。

お前だ~!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶