人はカルマで変われるんだ〜

人間は「縁」という糸で結ばれてこの世に生まれてくる。 縁は別名カルマともいう。 親子の縁、夫婦の縁、恋人の縁、友人の縁、隣人の縁…。 総ての人間関係は過去世で作られたカルマが原点となって、 作られているといっても過言ではないんだ。 カルマの法則って相当厳しいものがあるんだけど、 その目的を考えてみると、 人間の心に「反省と感謝と愛情」をしっかりと根付かせて、 より進化した人間へと成長させていくために作られているんだ。 僕の記事にはよく「進化」という言葉が出てくるんだけど、 これは超能力や霊能力を身につけて、他より抜きん出た人間を目指そうというのではなく、 また、そんな四次元的な考え方に基づいている訳でもないんだ。 カルマという過去世からの負債をどのように速やかに解消し、 一人の人間として、いかに努力し、可能性を追求し、 そこから得られる人生の実りを得て、 愛情と信頼と責任感に満ちた人生を送ることが出来るか? それが人間が進化していくということなんだ。 もちろんその過程には、様々な能力も身に付いてくるというオマケもあるけど。 $入澤清司のブログ カルマは花の種と同じなんだ。 愛情と反省と向上意欲という栄養を与えていくと必ずプラスに変わり、 人間性や成功という人生の花を咲かせることになるんだ。 そこに至るには、様々な困難や苦難が待ち構えていると思うが、 それらを天の災いとか、不運、ツキが無い、などの言葉で 自分を納得させてしまうのではなく、 その辛さを、「今、自分は底辺にいるんだ。ここから成長して上っていくんだ!」 という考え方にシフトチェンジする事が大切なんだ。 自分の位置をしっかりと知ったのなら、後は何をすべきかわかるよね。 もし自分が仲間と孤立してしまっていたなら、 もし自分が人から嫌われていることを知ったなら、 自分の言い分や言い訳はさておいて、また自分が嫌われている原因を他に求めるのではなく、 「今、自分がこんな辛さを経験していることは、かつて自分が相手にしていた事なんだ!」 自分中心と善人意識の固まりで、人の気持ちに鈍感だった自分を深く反省していく事なんだ。 善人意識とは? 自分は絶対良い人だから、自分がどんな事を言っても人から絶対嫌われないと思い込む 反省する事で、何が変わっていくのか?というと、 自分の気持ちが前向きになるばかりではなく、 考え方や行動に大きな変化が出てくるようになる。 例えば、自分のことしか興味が無く、それ以外は無視するような自分中心な思いから、 人への関心や興味が持てるようになる。(これって人の振りして我が振り直せってことかな) 好き嫌いで判断していたものが、それに対して疑問を持つようになる。 (あれっ、どうして嫌いなんだ?、何が原因なんだ?) そんな感じで、何事にも自分中心で人への気持ちを察しない鈍感さが、 相手の良さを見抜く直感力へと変化してくる。 また、ただ単に嫌いだからと一刀両断で切り捨てるのではなく、 たとえ嫌いな人にでも、どこか良いところがあるんだと、 それを見つけようとする愛情に満ちた探究心へと発展する。 そんな感じで、嫌いという思いは好きという思いに変化していくんだ。 これがカルマの面白いところなんだ。 マイナスのままでいたら、どうしようもないほどの暗さを持ったものでも、 反省によって生まれてくるものは、明るさと元気と前向きさなんだ。 これがカルマを変換する事によって生まれてくるエネルギー源なんだ。 だからカルマ解消をすると非常に精神的に余裕が出たり、 肉体的には元気や行動力が出てきて、努力をすることが嫌にならないんだ。 それは少しずつでも自分が変わっていくのがわかるし、 なにより自分が幅広くなってきたり、向上意欲が出てきたりすれば、 自分の可能性がよりはっきり見えてきて、人生がより楽しくなってくるんだよ。 カルマを反省しないとね~。モッタイナイよ。 コツは、ちょっと自分に苦しい事や嫌なことがあってもすぐ逃げるんじゃなく、 それが相手に与えた苦しみの一部なんだと考えて、 「辛い思いをさせたね、ごめんなさい。」とすぐ反省する事なんだよ。 自分の不機嫌さや苦しさ辛さに、とっつかまってグチャグチャになって、 周囲に「自分の苦しみをわかってくれー」といって周りに当たり散らしたり、 嫌な感情を垂れ流ししたり、バラまいたりしても、な~んの解決にもならないんだ。 苦しい時、機嫌が悪いとき、浮き足立ってイライラする時なんかは カルマが大量に出ている時なんだよ。 だけど、それがカルマを解消する大チャンスなんだよ。 チャンスをものに出来る人間は、いつの世も大成功するように出来ているんだ。 カルマもそうなんだ、自分に記憶が無いからといってほったらかしていたら、 馬鹿を見るのは自分だからね。 反省したもん勝ちだよ。 $入澤清司のブログ カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶