プライドのカルマ

さぁ、今日はプライドのカルマについて書いていこうと思う。

プライドのカルマは、どちらかというと人から恨みや呪いを受けやすい性質を持っている。

なぜなら、そのどれをとっても上から目線で人を人とも思わないような強烈な性質があり、人との友好関係をいとも簡単に壊し、人と自分の距離感を広げ、壁を作りやすくなる。

「自分には変えるところなんて無い!」
「自分は出来上がっているんだ!」

なんて自信満々に思ってる人がいたとしたらそれこそプライドの術中にはまっているんだ。

やばいぜ~。

しかしプライドのカルマを反省し、解消していくことで、上から目線の傾向が強いプライドは謙虚さや融合の愛に変わっていくから、いち早く気づいてカルマ解消した方が人と自分を隔てる壁も崩れて、人生、生きていくのが楽になるんだ。反省ってのは難しいものじゃないんだ。

なぜって、誰もが今以上良くなりたいって思ってるはずだし、自分自身、どこが欠点になっているか気がついているはずだから。

ここで反省の極意を教えるよ。

反省は、お題目のように感情を交えないで「ごめんなさい」を繰り返してばかりじゃダメなんだ。

その時々のシチュエーションを考えながら、愛情を基本とした思いに立ち返って、

「こんな事したら人から嫌がられる」
「自分がこうされたら嫌だな~」

なんてイメージしながら、

「嫌な思いをさせて、ごめんなさい。辛かったね、悲しかったね」

と人の気持ちに共感し寄り添うことで、カルマ解消は早く進んでいくんだ。

その時、カルマ倉庫にストックされていた大量のカルマは、反省の思いがカルマをプラス変換させるキーワードになっていて、肉体に影響を与える前に速やかに解消されていくんだ。

カルマについてはこちらに詳しく書いてあるので、興味ある人は是非読んでみてくれ。

じゃ、プライドのカルマにいくよ。

プライドのカルマ → 反省する → プラス意識

  1. 人より優位に立ちたい
    → 人を支える喜び
  2. 人より何が何でも目立ちたい
    → 謙虚さ
  3. 人より高く評価されたい
    → 人を大切に扱う、細やかな気遣い
  4. 人と比べられて低く評価されると復讐心を抱く
    → 人間関係のクッションが厚くなる、簡単に傷つかない
  5. 自分が無視されたりすると異常に腹が立つ
    → 幅広い寛容さ
  6. 人の目を異常に気にする
    → 立ち居振る舞いが格好良くなる、ハイセンス

主にこれらがプライドのカルマなんだ。

ちょっと気になった人もいるんじゃないかな?

気になったら、早速反省した方が良いよ~。

プライドのカルマが出始めると、人間関係や体調にも影響し始めるから。

僕はカルマを解消して治療する治療家だから、カルマが原因で引き起こされる疾病には詳しいんだ。

ちなみにプライドのカルマが原因で引き起こされる疾病には、喉や肝臓に関する疾病が多いんだ。

扁桃腺炎、喉頭がん、喘息、気管支炎

自分のプライドで人をかしずかせ、見下し、卑下する、というカルマが原因となって引き起こされる事が多い。

肝炎、肝硬変、肝臓がん

これら肝臓に関する疾病は、人への尊厳を忘れ、虫ケラのように言ったり扱ったりして呪いをかった。

という過去世のカルマが原因となっている事が多い。これらはあくまで過去世で何度も繰り返して大量に呪いのカルマを作ったために、引き起こされる疾病の一例なんだ。

ここで僕は告白します。

約20年くらい前の話だけど、一時期、僕自身のプライドのカルマがものすごく大量に出て、それも呪いのきつい奴が出て、肝臓をやられてしまったことがある。

ある朝起きて鏡を見たら、白目が真っ黄色になってギョッとした。

病院に行って検査してもらったら、γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)という肝臓の数値が2400もあって、立派な肝炎だと言われてしまった。

病院始まって以来、最高の数値ともいわれてしまった。

普通は50以下の数値が理想的といわれている。体調に関しては、何をするにもだるくて億劫になってくる。

本を読もうとして、1ページ読んだら気持ち悪くなって一時間以上寝てしまう。

その当時、医者の意見としては、「治療法はありません。薬もありません。良く休んで下さい。何を食べても良いです」と言われたきりだった。

だから僕は好きなものを食べようと思って、何故か普段は食べないパンが無性に美味しくて、ポンパドールという店のブドウパンを毎日1斤丸ごと食べた事を思い出すよ。

呪いのカルマにやられたという事は当時も良く知っていたから、ごめんなさい反省法を毎日やった。

そうしたら、40日で仕事に復帰。

体調も良くなり病院で再び検査を受けたら、γ‐GTP(ガンマ・ジーティーピー)の数値は8まで下がっていた。

医者からは驚異的な回復だと言われたが、心では密かに「ごめんなさい反省法」が驚異的な威力を発揮していたんだと思ったんだ。

その後は、以前にもまして肝臓か強くなり、酒にも強くなった。

こんな肝炎になるんだから、僕も過去世では相当なワルだった事が分かる。

ついでに言うと19の時、扁桃腺がすごく腫れて水も飲む事が出来なくなった事がある。

今思えば、これもプライドをつぶして人の恨みを買ったカルマが大量に出ていたんだと思う。

医者に行ってメスを入れたとたん、ウミが1メートル以上もピューと飛んで、あまりの事に医者がウワーと叫んでビックリした事があった。

汚い話ですいません。

この時はカルマなんて知らないし、反省法なんてありゃしない。

誰も知らないしね。

カルマの法則を知っていれば扁桃腺を切る事もなく、早く直せたと思う。

まぁ仕方が無いね。

何事も経験が大切だから。

自分の体験を通じてもごめんなさい反省法の威力はすごいものだと実感している。

こんな感じに、カルマは精神的な事ばかりではなく、肉体的にも大きな悪影響を及ぼしている。

今、プライドで苦しんでいる人たちが多くいると思うけど、ごめんなさい反省法で的確に反省が出来れば、精神的、肉体的な苦痛はかなり軽減していくことを知っておいて欲しい。

ここでカルマ変換心のプレートの違いを述べてみようと思う。

カルマ変換は主にカルマが翻訳されて肉体や精神に反映されたものを反省でプラスに変えていくものなんだ。

心のプレートは、カルマ解消しても中々変わっていかない心の癖やマイナス思考を、表にひっくり返していくことで速やかにプラス思考に変えていく事なんだ。

一見すると同じようだけど、それぞれ役割が違んだ。

ということで、プライドのカルマはこのくらいにして、次回は僕の得意技心のプレートに行ってみようと思う。

楽しみにしておいてくれ。

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事