ゴーイング(強引愚)・マイウェイ

ゴーイング(強引愚)・マイウェイ

たまらないのは周りです。

ゴーイングマイウェイ、我が道を行く。

何かとても自立した人物を思い浮かぶんだけど、日本語の当て字にすると、すごい意味になってしまう。

強引で愚か、という言葉の語呂合わせがピタッとはまってしまう。

人間、しっかりとした目的意識を抱いて、目標に向かって邁進していく事はとても素晴らしい事なんだけれども、人と協調することのない独善的な言動をごり押ししていたとしたら、周りの人は良い迷惑だ。

例え、どんなに高邁な目標を掲げていたとしても、その場限りの思いつきでフラフラと迷走するような事では、人からの協力も得る事が出来ず、何も成し遂げる事は出来ないと思う。

人は自分を映し出す鏡である。

人からの言動、態度は、どこかに自分が修正すべき所があると、教えてくれている。

世の中親切な人、優しい人ばかりではないんだ。

嫌みを言う人、苦手な人、嫌いだと思う人は、全て自分の欠点を示し、矯正してくれる人生の師匠なんだ。

まずは人の意見に耳を傾けて、人からの苦言を叱咤激励として受け止めてみようよ。

嫌だ、嫌だと逃げていても、いつかは自分自身を軌道修正しなければならない時期が来るんだから、逃げてばかりじゃ、いけないんだ。

無視していてもダメなんだ。
嫌ってばかりじゃダメなんだ。

問題が一瞬遠ざかったと感じるだけで、棚上げしたまんま、状況は何も変わっていないという事をしっかりと認識しなければならないんだ。

強引愚・マイウェイを貫き通していると、周りの人が疲れ果てているにも気がつかなくなってしまう。

周りの人の忠告や進言が、非難しているように聞こえてくる。

誰もが自分を陥れようとする悪人に見えてしまう。

過剰反応になり人を遠ざけてしまう。

挙げ句の果ては、四面楚歌で誰もが自分から遠ざかってしまう。

そんな事にならないように、自分自身を客観視できる心の冷静さを養っていこう。

そうすれば人への思いやり、気遣い、愛情も、すっと自然に身についてくる。

そう思うと、人生ってのは、やり甲斐があるよね。

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事