やる気がでな~い。 なんでかな?

人間やる気が大事だ。なんて事よく言われるよね。

前向きで体も元気で、次々といろんな発想が頭を駆け巡っている時はいいんだけど、人間ってロボットじゃないんだから、いつまでもそんなハイテンションが続くはずもないと思うんだ。

時には何もかもがすっかり頭の中から抜けてしまい、どうしていいかわからないなんてことあるのが普通だと思うんだ。

僕は今まで多くの人と出会って、カルマから見た人間の行動とか考え方を長く探求してきた者の意見として、精神論や世間的常識の範囲では解消できないものが多く存在していることを痛感している。

頭も優秀、体も元気、友人も多く、仕事にも恵まれている。

そんな人がある日を境に理由も無く、まったく気力も失い、やりたいこともなくなり、茫然自失となって人生を送っている人を何人も見てきた。

このような状況になると友情や愛情を盾にして精神論や常識論を振り回して説得を試みようとしても、相手には全く通じないか、または一方的に責め立てられているような思いをもたれて、せっかくの親切心が仇となり、信頼関係にヒビが生じてしまうこともある。

こんな時は、黙って見ているのが一番と思われがちだけど、カルマの達人としては、見過ごせない大きなカルマが本人の心を支配していることがあるから、ここはやはり黙って見過ごすわけにはいかないんだ。

やる気が出ないには、やる気を出させて元気になってもらうしか無いけど、それはカルマの性質や役割を知っておけばできることなんだ。

「やる気が出ない」という状況を考えたとき、やる気がなくなるカルマを探し、それをプラスに変換していくことが一番の早道なんだ.

やる気が出ないカルマにはこんなのがあるよ。

  • 人のヤル気をそぐような言動をした
  • 人を絶望させた
  • 人のあら探しをして、弱点を見つけると攻撃した
  • 溺愛して、大人になって何も出来ないような人間を作った
  • 人の夢や希望を打ち砕き、失望させた
  • 人を無気力に陥れた
  • 牢獄に幽閉した

など、これらはほんの一部だけど、ヤル気を損なうにはもってこいだよね。

今、やる気がでな~い!なんて思って原因を探っていくと、自分がかつて行っていた言動に当てはまることも多いにあり得るんだ。

なぜなら、カルマとは自分がつて行った行為の結果を表しているからなんだ。

現在のことはともかく、過去世のことは見えないから、実感が無いから、わからないなんて言っていると、いつまでも苦しみを引きずったままで元気にもなりゃしない!

自分のやる気の無さをよくよく分析していけば、先ほどのカルマの内容とリンクするところがあるんじゃないかい?

人間の行動は、決して現在の状況に当てはまるものばかりじゃないんだ。

かつて行っていた自分の言動を振り返り、観察していけば、今問題となっている事柄の原因を知ることができるんだから。

カルマってのは見た目じゃ、なんじゃこりゃ~と思うくらいキツい内容があるけど、カルマはプラスに変換することができることをしっかり把握しておけば、自分がキツい状況に陥ったとしても、苦しみを長く引きずるのではなく、そこからいち早く脱却することが可能だし、感謝や反省を駆使して、カルマを変換・解消すれば、元の姿とは全く違ったプラスの性質へと変化することができるんだ。

人間ってのは、自分自身で修正克服できる強い力を秘めているんだ!

それが叶わないのは、心のどこかで自分が弱い存在だと決めつけている、幼い自分がいることを知るべきなんだよ

カルマの達人 入澤清司

 

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶