なぜ幽霊はいるの?

昨日、高知で国内史上最高気温が更新された。

「一体、日本はどうなっているんだー!」

と叫びたいほど、暑い一日だった。

ところで、この時期涼しい話と言えば「怪談話」だ。

テレビの番組表を見ると、毎日一つや二つは怪奇現象や幽霊話は出てくるほど、この時期ポピュラーなテーマになっている。

恐怖感をあおってゾッとして冷や汗をかけば、ちょっとは涼しい気持ちになってくる。という訳だ。

 

今日は幽霊のことについて話していきたい。

現世は生きた人間ばかりが存在している、と誰もが思いたいはずだが…

心霊写真と呼ばれるものには、肉体を持たない霊の存在が映し出されている。

また、怪奇現象と呼ばれる類には、必ず霊の存在がクローズアップされている。

 

なぜ肉体は消えても、霊として地上に存在し続けるのか?

 

僕の意見としては、「肉体がなくなり、魂だけになってはみたけど、行くべきところにたどり着くまでのエネルギーがない」ということだ。

(※エネルギーのことは、別名では徳液といって、普段は魂の中にある徳液タンクに貯槽されている)

 

エネルギーは「元気の源」と言うが、生きている人間に関しては本当にそうで、エネルギータンクの備蓄量によって、元気ばかりじゃなく、その人の才能を開花させたり、また寿命にも大いに関係してくるんだ。

 

そして、今日の記事に深く関係することだけど、何よりエネルギーの大切なことは、生きている間に作ったエネルギーの量で、お亡くなりになった後の行く場所が決まるということだ。

言い換えれば、お亡くなりになった時、エネルギーの量によって魂がどこに行くのか?と言うことでもあるんだ。

 

お亡くなりになった後、自分の魂が天上界に行くのか?
それとも、地上に止まって霊として浮遊し続けるか?
はたまた、どんどん下の次元(俗に言う地獄)に引き込まれていくのか?

ということなんだ。

 

だけども、地上をさまよっている幽霊の魂には、天上界に行くほどのエネルギーはないけど、まだ可能性はある、と言うことでもあるんだ。
(まぁ、地獄にいるよりはましだけどね)

 

お亡くなりになってから、天上界に帰るためにはエネルギーを作る感謝は特に大切なことなんだが、それと共にカルマ解消のための反省も忘れないことだ。

 

そして、これが特に言いたいことなんだが、いくら感謝も沢山して、反省できる人だとしても、エネルギーがなくて天上界に帰れないでいる方もいる。

なぜか?

 

それは意外にも薬が原因となっていることが多いんだ。

世の中には薬といいながら、DNAを壊したり、ウィルスや菌を攻撃する抗体を無力化する薬がたくさん出回っている。

それらを頻用することによって、せっかく作ったエネルギー(徳液)を大量に使ってしまい、その結果、エネルギー不足に陥り、行くべきところに帰れない魂も多く存在しているからだ。

 

「何で薬が行けないの?」
「病気が治るんだから仕方がないでしょ。」

 

なんてことを仰る方々も多いけど、薬が病気の原因だけに効くなら良いけど、殆どと言ってよいほど正常な細胞やDNAまで壊すことが多い。

 

それらを正常に戻すために、今まで感謝や徳を積んで貯めてきた大量のエネルギー(徳液)を使って、壊れたDNAや細胞を修復しなければならないことになってくるからだ。

 

代表的なもので、抗がん剤などは良い例だろう。

これはDNAを大量に歪め、命のろうそくを大量に消耗することは、世間では全く知られていないが、これも事実なんだ。

 

エネルギーは感謝のあるところ、前向き元気なところに、生産される仕組みになっているんだ。

 

エネルギーを作る方法は簡単だ。

 

それは僕がいつも言っている

神様に感謝
生んでくれた両親に感謝
お世話になった全ての人たちに感謝
守護指導霊の皆様に感謝
私たちを豊かにしてくれるお金(かね)さんに感謝

という5つの感謝を日々忘れずに行っていくことだ。

それが大量のエネルギーを作っていく秘訣になっている。

 

これは肉体が亡くなった後でも、魂がある限りエネルギーは作れると言うことだから、この感謝でエネルギーパイプを繋ぐことが大切なんだ。

だけど、肉体がある方が圧倒的に感謝しやすいので、今のウチに感謝を身につけた方が得策なんだ。

 

カルマ解消も大量にエネルギーを作っていればこそ出来ること。

感謝無しで、エネルギーもなく、反省がなければ、カルマ解消は出来ないようになってくるんだ。

 

僕も依頼があれば、そんな方達(霊人)が天上界に帰るためにカルマ解消をしている。

やり方としては、相談に来られた方の肉体に霊人を入れて、霊人が持っているカルマを大量にプラス変換する。
(肉体がなければカルマ解消は出来ないという絶対的な法則があるからだ。)

そうすることによって、霊人達も行くべきところに行く訳だ。

 

相談に来られた方も、霊人のカルマ解消を手助けしたと言うことで、徳液(徳が上がるともいう)が大量に供給されて、心も体も元気になってお帰りになる。

 

幽霊って、考えてみれば哀しい。

生きている時にカルマを解消しないまま、エネルギーを作る方法を知らないまま、ずーっと上に帰れないでいる。

幽霊も元は人間だから、いつまでもそんな辛い状況にいるって可哀想だと思うよ。

 

僕も時折、陰ながら、そんな霊人達を上に上げるために頑張っている。

時には、どういう訳か、大量に押し寄せてしまうけど、これも何かの縁だと思い、もしかしたら前世ですごく世話になった人たちかもしれないと思いつつ、大量カルマ変換をしているんだ。

まぁ出来るウチが花だからね。

肉体があるウチが花だし、元気でいればなおさらやるべき事が多いのは仕方がない。

と思いつつ、日夜エネルギー作りとカルマ変換にいそしんでいる。

 

カルマの達人 入澤清司

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2018.10.13

    過去世の記憶