ごめんなさい反省法

カルマとは」のページで、カルマを解消するには

1.痛みでカルマを解消する
2.反省でカルマを解消する

の2つの選択肢しかない。

 

そして、今の私たちは「反省でカルマを解消する」方法を知らず、この方法を選ぶことが出来ないので、否応なしに「痛みでカルマを解消する」方法を選択していること。

それにより、「過去世で自分が人に与えた痛み・苦しみ・悲しみが、カルマによって自分の身に再現され、人生を振り回されている」ということをお伝えしました。

 

では、「反省でカルマを解消する」にはどうしたら良いのか?

ここからは、その方法をお伝えしたいと思います。

 

まず、カルマを「反省で解消する」方法を選んだ時、

人の辛さや苦しみ、悲しみを、
自分がいかに共感することができるか?

理解できるか?
そして心底から反省できるか?

が問われます。

 

そのためには、これから紹介する「ごめんなさい反省法」が一番効果的です。

心の底から思いを込めて実践してみてください。

ごめんなさい反省法の5つのステップ

1.「ごめんなさい」の言葉をしっかり口にすること

最近は「ごめんなさい」の言葉を耳にしなくなったような気がします。

とても大切な言葉で、たった一言で人と理解し合えるのに…。

残念です。

注意 「ごめんなさい」の代わりに「許してください」の言葉を使ってはいけません。「許してください」という言葉は、自分が目の前の痛みから逃げようとする意味合いが強く、心の底からの反省に繋がりません。

2.人の思いに共感する。理解すること。

「そうだったのか」「こんなに苦しい思いをさせたんだ」と自分の身を相手の境遇に置き換えて考えてください。

今、カルマがあなたに再現している苦しみは、過去世であなたが人に与えた痛み、苦しみ、哀しみが何万分の1のレベルに抑えられたものです。

「もし、今の苦しみが何万倍のものだったら自分は生きていられないかもしれない」
「辛かったでしょう」
「哀しかったでしょう」

と相手に与えた苦しみや思いに共感することが大切です。

3.「こんな自分じゃ嫌だ!」と強烈に思うこと

人の痛みや苦しみに気が付けない自分がいることを知り、それを修正しようとする自分を叱咤激励することが大切です。

「こんな自分じゃ嫌だ!」と強烈に思ってください。

参考 反省の極意

注意 この次の4番から先が、カルマの性質をマイナスからプラスに変えるカルマ変換を起こす重要なポイントです。

4.感謝すること

自分が痛みや苦しみを与えてしまった人々や、目に見えない協力者(神様・守護霊・指導霊)に対する深い感謝は、カルマを変換するのに必要なエネルギーを生みます。

カルマの変換には大量のエネルギーが必要で、感謝のエネルギーがない状態ではカルマは変換できません。

逆に、感謝のエネルギーを十分に持っている人には、本人が意識しないうちにカルマが変換されるカルマの自動変換が起きることもあります。

この次のページ、「エネルギー生産法」のページで感謝によるエネルギーの作り方を説明しますので、日頃から感謝することを意識し、自分の中に感謝のエネルギーを蓄えておいてください。

5.ともに成長したいと思うこと

反省と感謝を通じて人の心は成長します。

心が成長するには、自分の行いを反省できることに加えて、辛い思いをさせた相手に対して感謝できることが重要です。

辛い経験を乗り越え、感謝と反省を通して相手とともに成長しましょう。

 

エネルギー生産法へ進む